作曲、アート、小説,AlternativeWORLD

音(Music)と光(Illustration)と言葉(Story)であなたにアート(Art)をお届けします。

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-flickr
検索
  • T-SEN

【Cubase】「現在インストールされているeLicenser Controlソフトウェアは古いバージョンです」と表示され、アクティベーションができません

cubase (pro 10)に別売りのVSTプラグインを導入しようとしたのですが、プラグインをダウンロードしてインストール後にアクティベーションコードの入力を行ったのですが、 eLicenser Controlソフトウェアが立ち上がり、認証モードに入ったと思ったら突然「現在インストールされているeLicenser Controlソフトウェアは古いバージョンです」と表示され認証できず・・


なんでだ?


とりあえずeLicenser Controlソフトウェアのメンテナンスモードを実行しても「現在インストールされているeLicenser Controlソフトウェアは古いバージョンです」の一点張り・・


うーん、困った、せっかく購入したVSTプラグイン、どうしてもすぐに使いたい。




購入先のYAMAHAの”よくあるお問い合わせ(Q&A)”で検索してみると。



Steinberg製品のアクティベーションを行うためには「アクティベーションコード(0240から始まる32桁の英数字)」が必要です。


eLicenser Control Centerにコードを入力した際に、上記エラーメッセージが表示される場合、

入力したコードはアクティベーションコードではなく「ダウンロードアクセスコード(25桁の英数字)」である可能性がございます。


eLicenser Control Centerの仕組み上、バージョンが最新であるかの有無に関わらず、eLicenser Control Center上に

ダウンロードアクセスコードを入力した場合、上記エラーメッセージが表示される仕様です。


Steinberg製品のアクティベーションを行う際には、eLicenser Control Center上にアクティベーションコードをご入力ください。




いや、購入したVSTプラグインのアクティベーションコードは0240から始まる32桁の英数字なんだけどな・・


そういえば、だいぶ前にwindowsをアップデートした時にeLicenserがエラーでCubaseが立ち上がらなかった事があり、その時は”eLicenser Control Center”をインストールしなおしたら直った事を思い出し、今回も同様に再インストールをやってみた。




問題なく認証完了できました、やはり犯人はwindowsのアップデートでした。


DTMやっている方は、PCをスタンドアロンにしてたり、アップデートはしない人も居るようですが、私の場合常にオンラインなのでやっぱりスタンドアロンPCでやるほうが精神的に安心だなぁと思う出来事でした。



#Cubase #eLicenserControl #古いバージョン #アクティベーションができません

#VST #プラグイン導入

4回の閲覧